私がSWLベルトを巻く度に感じる感覚

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

私はジーンズを履く時に、SWLのベルトを締めています。

ベルトを巻く度に感じることがあります。

それは

「締まる」

という感覚です。

重厚感のある革がギュッと腰を締める感触が、

「よしっ今日もやるかっ」と、気持ちまで締めてくれるように感じています。

巻いていて実際にジーンズもずれにくく、頼もしいホールド感があります。

SWLベルトをするようになって、ジーンズを履くのが嬉しくなって、
今までよりもよく履くようになりました。

私がベルトを巻く度に感じる「締まる」という感覚の、所以を考えてみました。

その一番の理由は、

革の良さ

だと思います。

SWLベルトは、厚さ約4.5mmの「Sベンズレザー」を使った重厚感ある一枚革のベルトです。

「ベンズ」とは、牛の背から尻にかけての部分の革なんですが(下図)
ここが牛の革の中で、最も丈夫で伸びにくく、ベルトに適しているんです。

クラフトマンが惚れ込み、約10年使い続けてきた「Sベンズレザー」という革は、
最高品質の原皮(原料となる皮)を2ヶ月以上かけてじっくりとタンニンで鞣した革で、
とても強いコシがあります。

鞣した後にたっぷりとオイルを含ませてあるので、
強いコシがありながらも同時にしなやかさがあります。

その「Sベンズレザー」ならではの独特の質感が、

私が巻く度に感じる「締まる」という感覚と、
頼もしいホールド感につながっているんだと思います。

革の良さが、身も心も引き締めてくれて、
ジーンズに足を通すのがより嬉しくなるベルトだと私は感じています。

そうなると出掛ける気分も上がります。

SWLでは、現在こちらの2本を自信作としてお勧めしています。

私のようにジーンズライフをより楽しみたい方、
SベンズレザーのSWLベルト、おすすめしたい一品です。

☛ ピュータバックルベルト [ brown(茶)]

☛ ピュータバックルベルト [ black(黒)]

幅やバックルを選べる[オーダーメイドのベルト]も人気です。

☛ オーダーメイドベルト

ご質問やご相談があれば、些細なことでもお気軽にご連絡ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。