【製作実例】「息子に使い継ぎたい」とオーダーいただきました

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

昨日のブログでご紹介した

[スリムウォレット]

身軽でいたい場面で活躍するサブ財布として、クラフトマン自身も愛用している、
ポケットにペタッと収まるスリムな財布です。

このスリムウォレットをオーダーしてくださったO様は、
SWLのご近所で、美味しすぎる料理店を経営されている料理人さんです。

先日、O様主催のBBQに参加させていただいた時に、
完成したばかりのスリムウォレットを、受け渡しさせていただきました。

BBQには、一乗寺の店主さん達やそこに集うお客さんなど、たくさんの人が集まっていて、
その中のI氏が撮影してくれた写真をいただきました。

クラフトマンからO様へ、受け渡しの瞬間です。

スリムウォレットを手に、満面の笑みで喜んでくださるO様。

O様がつくる料理にもこの笑顔にも、いつも元気をもらってます。

美味しいものを生み出す、力強くて優しいO様の手に収まるスリムウォレット、
これからどんな風に育てていただけるのか、楽しみでなりません。

最後はキメ顔で。

二人の息子さんがいらっしゃるO様、

「息子に使い継ぎたい」 

と今回オーダーをしてくださいましたが、

受け取って「どっちの息子に渡そかな?笑」とおっしゃっていました。

そう思っていただけるのは、本当に嬉しいことです。

私たちは、

「次の世代まで使い継いでもらえるタフさがあり、
長く使いたいと思える美しさのある革製品をつくりたい」

その想いで、厳選した最高品質のレザーのみを使用し、
効率が重んじられる時代の流れに逆行してでも、
手染め・手縫い・手彫りというオールハンドメイドにこだわって製作しています。

だから「息子に使い継ぎたい」と思ってご注文いただけて、
受け取ったO様もとても喜んでいただけて、嬉しい限りです。

O様、ありがとうございました!

今回、O様に受け渡しさせていただいたスリムウォレット、
詳細はこちらをご覧ください。

☛ スリムウォレット 

ご質問やご相談があれば、些細なことでもお気軽にご連絡ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。