【製作実例】財布に宿る「力」

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

縁起が良いと言われている春財布、

そういった縁起や言われがあるわけではないのですが、

私は、店頭商品であるこのロングウォレットを手に取るたびに、
財布から何かパワーをもらえそうなオーラを感じています。

レザーカービングといって、
革を様々な刻印で叩いて凹ませることで、模様を刻む職人技があります。

深く叩かれた迫力ある凹凸には、手彫りならではの力強さがあります。

レザーカービングでは、ウォレットの全面を模様で埋め尽くすことが多いのですが、
余白の美を好むクラフトマンが長年追求してきた唐草カービングは、一味違います。

手染めした革の表情を堪能できる余白をたっぷりと取りながら、唐草模様が配されています。

植物の生命力と美しさを感じることのできる力強い唐草模様と余白のバランスが、
他にはない個性と存在感を放ちます。

手に取ると、使う者を引き上げる「力」を持っているように感じられるのです。

量産品にはない手仕事ならではの迫力、
さらに手縫い・手染め・手彫りのオールハンドメイドで
つくり込んだだからこその美しさ、

そしてクラフトマンが心血注いできた唐草カービングにしか無い、
唯一無二の魅力を感じてもらえる一品です。

☛ ロングウォレット carving

最後までお読みいただき、ありがとうございました。