ロングウォレット秘密のポケット

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

SWLを代表するアイテム・ロングウォレットについては、
いつもお問い合わせを多くいただいています。

今日はそのロングウォレットの「内部のつくり」についてお伝えします。

SWLのロングウォレットの「内部のつくり」は基本形として2種類あります。

左が「スタンダードタイプ」右が「スリムタイプ」です。

2段×2列のカードポケットが両面にあるのが「スタンダードタイプ」、
片面だけにして厚みを抑えたのが「スリムタイプ」です。

ズボンのバックポケットに入れて持ち歩かれる方には、
厚みを抑えたスリムタイプをお勧めしています。

2段×2列のカードポケットの数以外は、同じつくりです。

手前から「小銭入れ」中央が「札入れ」奥が「領収証入れ」です。

また実は、このロングウォレットには秘密のポケット的な、カード収納があるんです。

下の写真で指差している「小銭入れ」と「札入れ」の間のこの部分と、

「札入れ」と「領収証入れ」の間のこの部分です。

どちらもカードを複数枚まとめて入れることができます。

クラフトマンも使用頻度の低いカードや、いざという時のために名刺などを収納していて、
意外と便利な名脇役的な存在なんだそうです。

これらのポケットも含めて、持ち歩かれるカードの量や、財布のボリューム感で、
お好みの「内部のつくり」をお選びいただければと思います。

オーダーメイドなら、さらに小銭入れを取り止めたり、
小銭入れを札入れに変更するなどのカスタムも可能です。

またカードポケットにネームを彫ったり、
カービングやカットワークで装飾を追加するカスタムでオリジナリティをUPするのも人気です。

お気軽にご相談ください。

ベースとなるロングウォレットについて、詳しくはこちらをご覧ください。

☛ ロングウォレット

最後までお読みいただき、ありがとうございました。