【ご感想】新しいキーケースと蘇ったキーケース

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

クラフトマン自身が描いた図案を革に彫り込んだ、SWLオリジナルの唐草カービング。
今日はその唐草カービングをほどこした キーケース をご紹介します。

数々のオーダー品をご愛用くださってきたM様からご依頼いただき、
カスタムオーダーでつくらせていただいたこちらのキーケースです。

クラフトマンがこのキーケースに彫り込んだ唐草模様は、
型押しではなく、様々な刻印(金属製のスタンプ)を革に叩き重ねて表現したものです。

手彫りならではの、深い凹凸による立体感が生き生きとした力強い生命力を感じさせます。

M様のリクエストで、SWLオリジナルのシルバーコンチョを装飾として角にセット。

唐草の力強さに負けないように、
ボリューム感のあるベーシックコンチョをセレクトしました。

開いたところの両サイドが、明暗表情豊かに染め上げられているのが、
このキーケースの魅力の一つだと個人的に感じています。

開く度に心が躍るようです。

右にはイニシャルを彫らせていただき、
キーホルダー金具の下に、キーリングをオプションで追加しています。

この唐草カービングをほどこしたキーケースの横に寄り添うもう一つのキーケースは、
M様がすでにご愛用くださってきたものです。

キーホルダー金具の一部が破損してしまったということで、
今回お送りくださり金具を新しいものに取り替えさせていただきました。

縫い糸を全てほどいて解体し、金具を新しいものに交換して、
再び縫合するという作業で、また元のように使えるようになりました。

SWLのアイテムは全て手縫いで仕立てているので、
どうしても壊れてしまう金具などの消耗品を交換できるつくりになっています。
ケアしながら、ずっと使い続けていただくことができます。

このM様のキーケースのように革に使い込んだ味わいが出てきたのに、
使えなくなってしまうのは勿体ないですからね。

唐草カービングのキーケースを受け取ってくださったM様からは、
こんなご感想が届きました。

「想像以上に素晴らしく、感動しました^ ^
今回も大満足です。」

新しいキーケースと蘇ったキーケース、
どちらも末長くご愛用いただけたら嬉しいです。

M様、オーダー&リペア依頼ありがとうございました。

ご紹介したキーケースは、こちらをベースに、
カスタムオーダーでおつくりしたものです。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

☛ キーケース

ご質問やご相談があれば、些細なことでもお気軽にご連絡ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。