焚き火を囲んだSWLの休日風景

こんばんは

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

たまにはプライベートな記事を書いてみたいと思います。

SWLの店舗営業日は、金土日月なので、火水木のうちだいたい1日を休みにしています。

昨日のお休みは、クラフトマンと二人でBBQに出かけました。

定期的にキャンプやBBQに出かけるんですが、夫婦二人だけでやることが多いので、自分たちの焼きたいものや飲みたいものを持っていって、火を焚いて、ただただ自然の中でのんびり過ごします。

昨日は、SWLのある一乗寺駅から4駅電車に乗った[八瀬比叡山口]という駅のそばの河原で、昼から夜まで焚き火を囲んで過ごしました。

BBQもキャンプもできるだけ車は使わず、(目一杯飲めるように ^^)公共交通機関を利用しています。

もう一つのこだわりは、できるだけ炭&着火剤は使わないこと、です。

その辺に落ちている枝や倒木を使って、火を起こして、焚き火をします。

今回も念のため、炭を持っていきましたが、使わずにすみました。

川が流れる音を聞きながら、ビールを飲みながら、枝を探して焚き火を仕込んでいく時間も、いいものです。

焚き火の担当は主にクラフトマンですが、私もガールスカウト経験があるので、ちょいちょい口出ししながら、火を焚いていきます。

川や緑がキラキラしてるのを眺めながら、木が燃えてくる香りを感じると、気持ちがほぐれてきます。

まずは何かつまむものを作ります。

手前に見えているのはオイルサーディンの缶に、塩・ペッパー・ハーブ・ニンニク・レモン汁・タカノツメを入れたものです。

これを火にかけると、グツグツとオイルが熱されて、[オイルサーディンのアヒージョ]ができます。

すごく簡単なので、お好みの味付けでやってみてください。

キャンプやBBQには、ワインも欠かせません。

ナチュラルワインが豊富に揃う、岡崎のエーテルヴァインさんで仕入れます。

アヒージョの向こうに見えているのが、初めてつくった[カマンベールチーズフォンデュ]です。

カマンベールチーズの周りをアルミホイルで包んで、上面に丸く切り込みを入れておき、焚き火にかけると、中がトロットロに溶けてきます。

そこに焼いた肉やベーコンや野菜なんかをつけて食べるんですが、すごく美味しくって、もちろんワインにも抜群に合います。

これはまたやりたい、簡単で旨いBBQ料理だったので、ご紹介してみました。

ぜひお試しください。

ちなみにパプリカを縦に半分に切って、それを4等分したものに、カマンベールチーズを詰めて、焚き火で焼いても美味しいです。焼けたらオリーブオイルとハーブとペッパーをかけてくださいね。

この後もゆっくりと、川の音を聞きながら、のんびりとステーキ肉やチキンやホルモンなどを焼きました。

途中で、SWLのお店のほど近くのインキョカフェ 店主・インキョさんがアイドリングタイムに自転車で遊びにきて、色々と食べて、夜の営業時間にはまた帰っていかれました。

ふらっと来れる近さで、リフレッシュできるこの環境は嬉しいですね。

もう夜はさすがに冷えました。

限界まで焚き火にあたりながら、電車に乗って、パッと家に帰って、お風呂で温まりました。(クラフトマンは飲みにいきましたが、、)

まだ昼間ならBBQできると思うので、秋を楽しみながら、いいんじゃないでしょうか。

また機会があれば、オススメのBBQ料理など、紹介したいと思います。

ではまた。

明日はNEWアイテムを紹介します!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。