ラーメン職人のためのネイビーウォレット

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

SWLが店を構えている一乗寺という街には、通称「ラーメン街道」なるものがあり、ラーメン激戦区と呼ばれる場所なんです。

電車でもアナウンスされるくらい、一乗寺といえばラーメン、わざわざラーメン目指して人が来るくらい人気のあるエリアです。

行列のできる店がいくつもあり、そんな人気店の一つが一乗寺駅すぐそばの「ラーメン二郎」です。

言わずと知れた超人気ラーメン店ですよね。

関東にはのれん分けの店が多くありますが、ここは関西で唯一の「ラーメン二郎」です。

その「ラーメン二郎」の店主・M氏とは、一乗寺の飲み屋さんやイベントなどで一緒になることが多く、話を聞いていると店への想いやこだわりがすごく伝わってきて、店主仲間として刺激を受けている方の一人です。

そのM氏からオーダーいただいていたハーフウォレット(二つ折り財布)を、先日受け渡しさせていただきました。

クラフトマン目をつむってしまっていますが(笑)、喜んでいただき、その後Twitterにもこんな風に投稿してくださいました。

「職人さんのこだわりの詰まった物は尊いですね。」嬉しい一言です。

ラーメンづくりと革製品づくり、こだわりと誇りを持って取り組む同じ職人さんに、こんな風に感じてもらえて、これから使ってもらえることを、とても光栄に思います。

M氏がオーダーしてくださったハーフウォレットは、定番をベースにカスタムをほどこしたものです。

まず、染色はネイビーです。

深みのある濃紺、これは使い込んでツヤが出てきたら美しいだろうなという色に染め上がっています。

内部には、右に小銭入れがつくのが定番ですが、小銭入れは取りやめて両面にカードポケットを設けました。

札入れ内には、お札と領収証を分ける仕切りを追加しました。

また写真には写せなかったのですが、札入れ内に鍵を入れておくためのポケットを設けています。

使い手としてのM氏のこだわりを反映し、つくり手としてのクラフトマンのこだわりを持って完成したウォレットです。

ここから使っていただいてどんな風に育っていくか、とても楽しみです。

これから見せていただける機会がちょくちょくあると思いますので、変化を見せていただくのを楽しみにしています。

Mさん、ありがとうございました。

ベースとなった定番ハーフウォレットのページはこちらです▼▼▼

☛ ハーフウォレット

明日12/30(月)が年内最後の営業日となります。

少し早めの17:30に閉店しますので、よろしくお願いいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。