今年も想いを込めて手を動かしています

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

お正月の疲れは出ていませんか?

こちらは昨日七草がゆを食べて、ようやくぼんやりとした正月気分が抜けてきたところです。

今年も、工房での製作をはりきってスタートさせてます。

SWLでは、クラフトマン田島隆治と私の夫婦二人で、分担しながらレザーアイテムの製作を行っています。

手の中でできていくレザーアイテムが、使う人の手に渡り、一緒に重ねてもらう時を想いながら、手を動かしています。

「使うほどに増す味わいを楽しみながら、長く愛用してもらえますように。」

一つ一つにそんな願いを込めて、今年も丁寧に誠実に熱く取り組みたいと思っています。

こちらは今日撮影した、オーダー品の製作風景。

革に唐草模様をカービング(彫刻)していく過程です。

クラフトマン自身が描いたオリジナルの図案を革にトレースし、そのラインを、専用ナイフで切り込んでいきます。

指先に神経を集中させているのが伝わってくる、緊張感のある製作過程です。

ここから、この刻んだ線の内外を、刻印で叩いて立体感をつけていきます。

私がブログを書いている後ろで、今まさにトントンと刻印を叩く音が響いています。

カービングは、クラフトマンだけが担当している製作過程です。

私はというと、縫いとコバ(裁断面)の仕上げを主に担当しています。

今日の製作風景を少し。

お持ち込みのバックルで、ベルトを製作しているところです。

丈夫で縫い直しができる「手縫い」、ミシンを使えば時間は短縮できますが、手縫いの縫い目に惚れていることもあり、これは変えられません。

一針一針、力を込めて糸をギューっと引っ張ります。

また一年、これの繰り返しですね。

こんな風に今年も、SWLこだわりの妥協なき手仕事で、ワクワクしてもらえるようなレザーアイテムを届けていきたいと思っています。

とびきり愛着を持てるものを、天然の素材だからこその味わいや変化も楽しみながら、大切に長く使う、そんな毎日が人生を豊かにすると信じて、馬鹿丁寧な手仕事を続けます。

ワクワクしてもらえるものを生み出すには、私たち自身がワクワクしてないといけません。

これからも夫婦で楽しいことをたくさん重ねて、芸術に自然に人に、たっぷり刺激をもらって、精進していきたいと思います。

2020年もSWLを楽しみにしてもらえたら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。