田島隆治ストーリー

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

SWLは、クラフトマン田島隆治(たしまりゅうじ)と私の夫婦二人で営んでいます。

クラフトマンは、現在47歳。(私は先日38歳になりました)

大手建設会社を29歳の時に辞め、自分が本当にやりたいことを探求し、

32歳の頃に独学で革を使ったものづくりをスタート。

そこから5年に及ぶ試行錯誤を経て、

2009年に「SWL」という屋号でレザーブランドを立ち上げました。

知ってくださっている方も多いかもしれませんが、

「SWL」は、

“ Solitude Without Loneliness ” 

という言葉の頭文字を取ったものです。

 “ Solitude Without Loneliness = 寂しさのない孤独 ” は、

SWLを立ち上げる前、

田島隆治が大きな壁にぶち当たった時に、友人から教えてもらった言葉で、

クラフトマンは今でもこの言葉を大切にしながら、

ものづくりに取り組んでいるんです。

大手建設会社で一級建築士として働いていた田島隆治が、

なぜ全てを捨ててレザーの世界に足を踏み入れたのか?

どのようにしてレザーブランドを立ち上げたのか?

その中で直面した大きな壁とは?

田島隆治のこれまでの道のりについて、自身が書いたものがあります。

以下の6章からなる「田島隆治ストーリー」です。

第1章 感銘

第2章 覚悟

第3章 衝撃的な革作品との出会い

第4章 脱サラ6年目の奈落の底

第5章 寂しさのない孤独

第6章 答え

この度、新たに加筆修正しましたので、お時間ある方はぜひ読んでみてください。

☛  田島隆治ストーリー

最後までお読みいただき、ありがとうございました。