3.11に祈る

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

今日は3月11日。

私たちの心に深く刻まれた忘れられない日です。

私たちは去年に引き続き、今年もSWLがお店を構える一乗寺の街にある

Cafe norwegianwood で開催されたイベントに参加してきました。

とは言っても今年は、新型コロナウイルスの影響を受けて、関係者だけでの開催となりました。

そのイベントは、

[ 第9回 ストリートピアノでつなぐ祈りのハーモニー ]

主催しているのは、「ストリートピアノJAPAN」という団体です。

公共の場所にあって誰でも弾けるピアノ・ストリートピアノ。

それを鹿児島から全国に広めてらっしゃる団体で、一乗寺にもストリートピアノが設置されたことをきっかけに、

全国で同時開催されてきた「ストリートピアノでつなぐ祈りのハーモニー」に去年から参加しています。

これが一乗寺のCafe norwegianwood前に設置されている、ストリートピアノです。(今日は店内に移動しています)

使われなくなったピアノに、一乗寺にまつわるペイントがほどこされ、ストリートピアノとして生まれ変わったものです。

今日は、14:46に黙祷をした後、

このストリートピアノの伴奏で、「故郷」と「花はさく」を合唱しました。

一人でも多くの方が平穏を取り戻せますように、祈りを込めて歌いました。

その前には、youtubeで開会式がライブ配信されました。

そこで代表の方がおっしゃていた「ストリートピアノJAPAN」のコンセプトが素敵だったので、ご紹介します。

良き音湧くところに

良き人集まり

良き人集まるところに

良き出会い生まれる

全ての街に 人の心に

寄り添う音楽を

最後に演奏している(風)のクラフトマンを。

音楽が人の力になることがある

私たちはそれを信じて、一乗寺から良き音を届けていけたらいいなと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。