一乗寺を背負って立つOBBLiのためのダブルネームトレイ

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

今月16日に、SWLの店舗のすぐ近くに、CAFE&BAR OBBLi【オブリ】がオープンしました!

と言っても、もう10年以上同じ場所で営業してきた cafe Norwegianwood が新しい名前になってリニューアルしたお店です。

Norwegianwood改め、OBBLiの店主である谷田氏は、SWLが一乗寺にお店を構えるキッカケとなった人物です。

一乗寺の中心人物であり、たくさんの店や人や事を繋いで面白いことをやろうと、様々なイベントを仕掛け、いつも忙しく動き回っている人で、、、

それに巻き込まれたくて一乗寺に店を構えた、と言っても過言ではないんですね。

そんな谷田氏から、OBBLiのマネートレイ (キャッシュトレイ)を製作してほしいと依頼がありました。

「じゃぁ、ロゴマークをセンターにカービング(彫刻)する感じでいいかな」と提案すると、

「他のカービングも入れ、かつ、SWLとのダブルネームにしてください!

という無茶ぶりが!

相手のポテンシャルを最大限に引き出すことを常に考えていそうな、谷田氏らしい依頼でした。

クラフトマンは悩みながらも、これだ!という図案を完成させ、製作に着手しました。

ここからはOBBLiトレイの製作風景です。

まず描き上げた図柄を専用ナイフで革に刻み、

その線の内外を、様々な刻印で叩き、立体感とテクスチャをつけていきます。

そして、図柄がより魅力的に見えるよう、全体から細かな部分まで、時間をかけて着色していきます。

その後に成形して、完成したOBBLiトレイがこちらです!

力強く美しい唐草が、OBBLiロゴを彩ります。

その唐草の根元が、SWL leather works につながるような図柄になっています。

OBBLi開店の前日、このトレイをお渡しさせていただきました。

谷田氏のこの顔!! とても喜んでいただけました!!

OBBLiのテーマカラーは[グリーン]なので、一緒に、小さなグリーンのトレイもプレゼントしました。

愛用するSWLアイテムを集結させて、写真を取り出す谷田氏。

こんなにも愛用してくれて、いい顔に育ててくれて、嬉しい限り。

新しい仲間も加わり、充実です。

そして、こんな感じで今宵もカウンターでお客様をもてなすレザートレイ達。

これからも一乗寺を率いていくだろう店主とOBBLiの、影の相棒として活躍してくれたらいいなと思います。

SWLの店舗からOBBLiまでは、歩いて2分ほど。

ご来店の際、お時間合えば一杯ひっかけにぜひお立ち寄りください。

いい音楽と、店主の SWL自慢が聞けますよ。^^

CAFE &BAR OBBLi

京都市左京区一乗寺払殿町48コーポ吉沢 

テーマカラーのグリーンが目印、お店の前にはストリートピアノが置かれています🎹

マネートレイ について、詳細やこれまでの製作実例は、こちらのページをご覧ください ▼▼▼

☛  オーダーメイドマネートレイ

本体価格: ¥10,000(+tax)

ロゴマークなどを彫るカスタム:+¥4,000 ~(+tax)
※デザインにより料金が異なります

SWLのレザーアイテムを手にした人に、レザーを相棒にする醍醐味を味わっていただけるよう、 そしてその人の人生がより豊かになるよう想いを込めて、夫婦二人で手仕事にこだわり、日々製作に取り組んでいます。

こちらも読んでいただけたら嬉しいです。

☛  SWLの想い

☛  SWLの二人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。