京都の新名所、京セラ美術館に行ってきました

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

今週の水曜日に新作バッグを5点リリース、ブログで発表させていただきました▼

新作バッグのリリースまで、根を詰めて作業していたので、水曜日はちゃんとお酒を飲んで(笑)、次の木曜日の定休日はゆっくり過ごさせていただきました。

その日は、リニューアルしたばかりの【京都市京セラ美術館】に足を運びました。

もともと【京都市美術館】という名前で、昭和天皇の即位に合わせて建てられた歴史ある美術館です。

私も子供の頃から通い、とても馴染みのある古き良きといった美術館でした。

それがこの度、大きくリニューアルされて【京都市京セラ美術館】として生まれ変わったのです。

現在はコロナ対策で事前予約・定員制にて開館しているので、予約して行ってきました。

建物はそのままに残しながら、アクセスを良くするため、なんと前の広場が掘り込まれて地下からアクセスする大胆な改修がなされています。

このアイディアは、ほんとすごくて興奮します。

内部も馴染みある空間が、そのまま活かされています。

ちょこっとオシャレになった旧友に再会した気分です。

知る人ぞ知るだった庭も、キレイに手が入れられてうまく活かされいます。

ガラスが入って開放的になった部分もあれば、ほんとそのまま残されている部分もあります。

そして元々あったんだけど、これまでは入れなかったスペースが展示空間として活用されているところもあって驚きました。

ここは元々閉ざされた屋外空間だったところを、ガラスの屋根をかけることで、明るい室内の展示空間にリニューアルされています。

リニューアルした建物をたっぷり楽しんだ後は、開催中の展覧会へ。

杉本博司、好きな美術家です。

展示も素晴らしかったです。機会があればご覧いただきたいと思います。

美術館はあらゆる人の憩いの場となるべき公共の建物です。

新しくなった京セラ美術館は、現在予約が必要なのですが無料で入れるスペースがたくさんあって、庭など様々な居場所があるのも魅力的です。

こちらは新館の屋上テラスです。

ここも半日くらい読書したり昼寝したりしてみたい、気持ちいい場所でした。

京セラ美術館、よいです!

すっかり気に入ってしまいました。

元々、休日を美術館で過ごすことが好きですが、近くにこんな場所ができてとてもワクワクしています。

京都にお越しの際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

SWLと同じ左京区にありますので、一緒に来てもらえたらなお嬉しいです。^^

京都市京セラ美術館:京都市左京区岡崎円勝寺町 124

この日のクラフトマンの私物バッグは「QUATTRO LEATHER bag」です。

現在、お色違い一点のみこちらで販売しております 。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。