対照的な製作実例[渋いトレイ]と[ポップなトレイ]

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

今日は34度まで気温が上がった京都です。

暑い、いや、熱い一日でした。

昨日はブログ更新の土曜日でしたが、アップできずにすみませんでした。

夕方にご来店されたお客様とそのままご飯に出掛けていました。

昨日もそうですが、ご近所で飲んでいると「畑どう?」とよく聞かれます。

日に日に野菜たちも成長し、ようやく畑らしくなってきました。

今日はピーマンを3個、収穫できました。いちいち感激です。

気持ちの問題だと思うんですが、自分たちの畑で獲れた野菜は美味しい気がします。

またSWL畑の様子、報告しますね。

さて今日は、最近製作させていただいたマネートレイ(キャッシュトレイ)の中から、対照的な2作を紹介したいと思います。

[渋いトレイ]と[ポップなトレイ]の2つです。

まずこの渋い佇まいの一品は、SWLのご近所の【ジャズカフェ・む〜ら】さんからオーダーいただいた、お店で使うためのマネートレイ です。

著名なジャズプレイヤーに書いてもらったという、お店のロゴマークを彫らせていただき、お店の雰囲気に合わせて、落ち着いた渋めのブラウンに染色しました。

【ジャズカフェ・む〜ら】さんは、毎日のように良質なライブ演奏が楽しめる名店です。

ここ数ヶ月はライブを自粛されていましたが、7月からライブが再開されました。

このトレイも、いい音楽を聴きながら、活躍してくれていることと思います。

む〜らさん、ありがとうございました。

続いての一品は、誕生日プレゼントとしてオーダーいただいたレザートレイです。

お店ではなくご自宅で使うもので、誕生日の女性自らが描いたイラストを彫らせていただきました。

ポップでかわいいイラストを描く彼女、いつも少女漫画チックな目が印象的なんですが、このトレイの図柄として【三つ目】を描き下ろしてくれました。

革とポップさとは組み合わせとしては少ないですが、目の可愛さで見事にポップで上質なレザートレイに仕上がりました。

「家の一番いい場所に置いてる」と喜んでいただけました。

オーダー主のT様、イラストを描いてくれたMちゃん、ありがとうございました。

お店のマネートレイ として、開店祝いや周年祝いでオーダーいただくことが多いですが、家でカギやアクセサリーを置くためのトレイとして、引越し祝いや結婚祝いとしてオーダーいただくこともあります。

どちらもオーダーメイドでつくる一品は、特別なものになります。

愛着を持って自分色に育ててもらえたら、ますます特別な存在になってくれます。

そんなトレイ達が、今日も色々なところで使われていると思うと感慨深いです。

オーダーメイドマネートレイ の詳細や、これまでの製作実例はこちらのご覧ください▼▼

☛  オーダーメイドマネートレイ

来週以降も新作リリースがあります。

随時発信していきますので、楽しみにしていただけたら嬉しいです ▼▼▼

SWLのレザーアイテムを手にした人に、レザーを相棒にする醍醐味を味わっていただけるよう、 そしてその人の人生がより豊かになるよう想いを込めて、夫婦二人で手仕事にこだわり、日々製作に取り組んでいます。

こちらも読んでいただけたら嬉しいです。

☛  SWLの想い

☛  SWLの二人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。