【NEWS】待望のKUDU財布が完成しました!

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

本日、新しいウォレット(財布)をリリースしました!

これまでに無かったようなウォレットなので、設計から製作・リリースに至るまでの経緯からご紹介していきたいと思います。

もっちりとした柔らかさと、ワイルドな表情で、SWLでも人気の高いKUDU(クーズー)革。

これまで、キーケースやコインケースなどの小物や、バッグを製作してきましたが、

「KUDUで財布はつくれませんか?」

というお声を、お客様から多くいただいてきました。

KUDUの魅力はなんと言ってもその柔らかな質感。

しかしその分、KUDUだけで財布をつくると、フニャフニャで使い勝手の悪いものになってしまう。

芯材などの補強材を入れる方法もあるけれど、KUDUの質感を最大限に活かすためにそれは使いたくない。

「どうにかして、KUDUの質感を最大限に活かした財布をつくることはできないだろうか、、」

クラフトマンは、ずっと頭の片隅に課題として抱えていました。

そんな時、世界のすごい家を取り上げる映像作品( Netflixの「世界の摩訶不思議な家」というイギリスの番組です)で、ハイブリッド構造の家を目にしました。

スチールで支えられたガラスの軽やかな外壁と、コンクリートの硬いコア、互いに補い合って構造を成していることで、それぞれの長所が存分に活かされていて、とても魅力的な空間でした。

そんな家を目にした、一級建築士であり元々住宅設計の仕事をしていたクラフトマン、

「そうか、素材の長所を活かすために、短所は別の素材の長所で補えばいい!

そんなハイブリッド構造を考えればいいんだ!」

という気づきを得て、KUDU財布の設計をスタートさせました。

KUDUの魅力を最大限に活かした財布を実現させるアイディアは、

【KUDU】と【Sベンズレザー】、2種類の革を組み合わせること。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

KUDUの長所であり短所でもある柔らかさを、Sベンズレザーの剛性で補う、ハイブリッドなつくりで、KUDU財布をつくろうと考えました。

こちらが【KUDU(右)】柔らかさと【Sベンズレザー(左)】の剛性が分かる映像です▼

剛性のある【Sベンズレザー】のコアを、柔らかな【KUDU】が覆うようなこんなイメージで進め、

試作検討の末、これまでに無かったSWLならではのKUDU革を使った財布

【ハイブリッドウォレット】が完成しました。

こちらが完成したハイブリッドウォレットで、先ほどオンラインストアでも販売を開始しました。

表の外装は全面【KUDU革】。

もちろん芯材などの補強材を使わず、裏貼りもしていない、KUDUの一枚革です。

一枚革だからこそ、もっちりと柔らかなKUDUならではの触感、裏面のきめ細かなスエードを味わうことができます。

この質感を味わってもらいたくて発明した、ハイブリッドなつくりなんです!

手に持った時にも、柔らかな質感が掌に馴染んで、持ち心地よさは抜群です。

KUDU独特のワイルドな表情、マットな質感、見た目も魅力的です。

シルバーコンチョに巻きつけた鹿革紐をくるっと解いて、開けると、

そこに【Sベンズレザー】のコアが。

濃いブラウンが【Sベンズレザー】のコア、ベージュが【KUDU革】です。

この剛性のあるコアを芯にして、柔らかなKUDUで包んだようなつくりになっています。

【KUDU】と【Sベンズレザー】、それぞれの魅力がいきた、いいとこどりのウォレットです。

内部のつくりや、財布としての収納量、シルバーコンチョのこだわりなど、続きはこちらの▼商品詳細ページでご覧いただけたら嬉しいです。

☛  ハイブリッドウォレット[GAUCHO]

これまでになかった、発明と言ってもいいような新しいつくりの、雰囲気よく楽しく使い勝手のよい名作ができたと自負しています。

このウォレットは、一頭のKUDU革から、魅力的な形をした端(エッジ)、ここぞという表情をした部分を厳選してパーツどりして製作した、正真正銘の一点モノです。

今回、一点のみの製作となりますので、ビビッときた方はお早めにチェックしてください。

☛  ハイブリッドウォレット[GAUCHO]

今後、他の色も製作していきたいと思っていますので、ご期待ください。

SWLのレザーアイテムを手にした人に、レザーを相棒にする醍醐味を味わっていただけるよう、 そしてその人の人生がより豊かになるよう想いを込めて、夫婦二人で手仕事にこだわり、日々製作に取り組んでいます。

こちらも読んでいただけたら嬉しいです。

☛  SWLの想い

☛  SWLの二人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。