熊本の目玉は3色のハイブリッドウォレット!

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

来週末は、いよいよ熊本でイベント開催です!

9/19 (土)からの4日間、クラフトマンの同級生のジーンズ職人・末永氏が営む【ジーンズショップ・チャーリー】にて、4回目となるSWLのポップアップショップ【SWL pop-up at CHARLIE 2020】を開かせていただきます。

ただ新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、今回は私たちは熊本へ行かず、
商品だけを京都から届けて、店主末永氏に託すスタイルでの開催になります。

今年も熊本の皆様にお会いしたかったのですが、ギリギリまで状況を見ながら決断しました。

会場に行けない代わりに、今回は熊本のチャーリーと京都のSWLとをZoomでつないで、オンラインで熊本の皆様とお話できるようなことにチャレンジしたいと思っています。

初めての試みなので、うまくいくかドキドキですが、前日から末永氏とシミュレーションをして挑みたいと思っています。

このような状況の中でも、末永氏の協力があって、新しいことにチャレンジさせていただけることに感謝です。

今回出品するアイテムの中でも、目玉は先月リリースした話題作

ハイブリッドウォレット

一頭のKUDU革から、魅力的な形をした端(エッジ)、ここぞという表情をした部分を厳選してパーツどりして製作する、正真正銘一点モノの財布です。

その名の通り、KUDUの柔らかさを、Sベンズレザーの剛性で補う、ハイブリッドなつくりが特徴の財布です。

これまでGAUCHO(ベージュ)1色のみを製作し、そちらはSOLDOUTとなっていましたが、

GAUCHO(ベージュ)に加えて、初めて他の2色・CABIN(チャコールグレー)・AUTUMN(ブラウン)を、

熊本に向けてただいま製作中です。

革の端ならどこでもいい訳ではなく、ハイブリッドウォレットに相応しいパーツが取れるのは、一頭から多くても2つくらいです。

今回は熊本に向けて、そのパーツを

3色全て揃えることができました!

端(エッジ)の形状が魅力的なだけでなく、革の厚みや、状態、そして表情もハイブリッドウォレットに相応しいところを厳選しています。

今日ご来店くださったKUDUアイテムお使いのH様も、「ついワザワザ触ってしまうんです!」とおっしゃっていたKUDU革の裏面の手触りの気持ちいいい【スエード】も、存分に楽しめるアイテムとなっています。

そして、財布のコアとなるSベンズレザーのパーツも、すでに縫い上がっています。

あとは、これらを縫い合わせて仕上げていきます。

完成は【SWL pop-up at CHARLIE 2020】開催直前になりますので、

3色揃って見れるのは熊本が最初です

3点とも一点モノのオーラをまとう、個性的な逸品に仕上がりそうなので、
気になる方は早めに行ってチェックしてみてくださいね。

ハイブリッドウォレットの詳細はこちらです ▼ ▼ ▼

☛  ハイブリッドウォレット

イベントの詳細はこちらです ▼ ▼ ▼


SWL pop-up at CHARLIE 2020

開催日:2020年9月19日(土)・20日(日)・21日(月)・22日(火)

土日月:10:00-19:30
火:12:00-19:30

場所:ジーンズショップ・チャーリー

住所:熊本県熊本市中央区南千反畑町8-1

電話番号:096-326-3773

9月17日から9月25日まで、京都のSWL実店舗はクローズいたします。

SWLのレザーアイテムを手にした人に、レザーを相棒にする醍醐味を味わっていただけるよう、 そしてその人の人生がより豊かになるよう想いを込めて、夫婦二人で手仕事にこだわり、日々製作に取り組んでいます。

こちらも読んでいただけたら嬉しいです。

☛  SWLの想い

☛  SWLの二人