クラフトマンからのメッセージ

こんばんは。

SWL leather works 代表の田島隆治です。

世界がこのような状況の中、皆様それぞれいろんな思いを抱えてお過ごしのことかと思います。

そんな中、ぜひ皆様にお伝えしたいことがあり記事を書きました。

少し長くなりますが、ご一読いただけると嬉しいです。

来たる11/8(日)、私が店舗を構える京都市左京区の一乗寺(いちじょうじ)にて、【一乗寺フェス】という音楽フェスを、無観客オンライン配信にて行います。

「オンライン配信で開催する音楽フェス」

聞きなれない方も多いと思うので、簡単に説明します。

11/8(日)、一乗寺と東京の13会場で、30組のミュージシャンが音楽ライブを行うのですが、2000円(税別)のチケットを購入すれば、生配信されるライブ映像をスマホやパソコンで楽しめるというイベントです。

ちなみにこの日から1週間、その録画映像が見放題、

当日以外も好きな時に楽しむことができます。

配信での開催は今回が初めてですが、今年で開催6回目を数える一乗寺フェス。

昨年からライブ会場としてSWLも参加しています。

そして前回に続き今回も、私の同級生である、熊本在住のシンガーソングライター【東田トモヒロ】が、SWLでライブを披露してくれます。

(前回、東田と撮った写真です↓)

私自身、常に音楽を楽しみ、音楽に力をもらい、音楽からいろんなことを学び、音楽と共に人生の豊かさを味わってきました。

しかしコロナの影響で、次々とライブハウスが潰れたり、ミュージシャンの活動の場がなくなっているのは皆様ご周知の通りです。

そんな中、音楽という素晴らしい文化を守るために、一乗寺フェスチームはいち早く、ライブ配信に取り組んできました。

そのきっかけとなったのが、4月に一乗寺で行った東田トモヒロのライブ配信でした。

当初は通常通りのライブを行う予定だったのですが、コロナの状況を見ながら直前に配信に変更しました。

初めての配信ということもあって、色々と課題が残りましたが、

そのライブ配信を見て協力したいという方が出てきたり、機材を提供してくれる方が集まり始め、

「こんな状況だからこそ、素晴らしい音楽を届けたい」

というスタッフの惜しみない努力がドンドン配信レベルを高めていき、この短期間で他に類を見ないほどの、素晴らしいライブ配信チームになりました。

そんな一乗寺フェスチームが満を辞して開催するのが、今回の一乗寺フェスなんです。

一乗寺フェスチームの代表いわく、

「東田さんがあの時、急遽ライブ配信をOKしてくださったことがきっかけで、自分達はここまで来れた。今の技術で東田さんの素晴らしいライブを配信することで、東田さんに恩返しをしたい」

とのこと。

余談ですが、私がコロナの打撃をモロに受けはじめた4月。

今の自分にできることは何かと考えた時、より魅力的な作品を生み出すことと共に、大人がいくつになってもワクワクできるような店内空間を命がけでつくろうと決め、それに心血を注ぎ込んできました。

そして現在、我ながらなかなか良い雰囲気の店内空間になってきたと思っていて、そんな空間で東田にライブをやってもらうことが、微力ながらも恩返しに花を添えることになればと思っています。

東田のライブを観たことがない方や、観てみたいけどライブハウスには足を運びにくい、、という方にも、ぜひこの機会に気軽に楽しんでもらえればと思っています。

こんな状況の中、直接会うことはできなくても、画面を通して東田がパワーをくれると思います。

もちろん東田トモヒロ以外にも、たくさんの実力派ミュージシャンが出演してくれる一乗寺フェス。

世界がこんな状況だからこそ、今しか体験できない何かが各会場で起こりそうで、楽しみで仕方ありません。

ぜひ皆で楽しみましょう。

一乗寺フェスの詳細・チケット販売につきましては、こちらをご覧ください。

一乗寺フェス公式サイト:https://ichijyoji.net/fest2020/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。