SWLが惚れた革[Sベンズレザー]

[Sベンズレザー]は、国内最高峰のタンナー[昭南皮革工業所]が、北米産の最高品質の原皮(原料となる皮)のみを使用し、ピットなめしという方法でつくる最高級牛革です。

時間をかけてなめされることで生まれる[コシの強さ]があり、オイルをたっぷり含ませた独特の[モッチリ感]があるのが魅力です。

強靭さとしなやかさを兼ね備え、使い込むほどに深い味わさをかもし出す、私、SWLクラフトマンの田島隆治が惚れ込み、10年以上使い続けている革です。

ここでは、私が[昭南皮革工業所]を見学させていただいた時の写真を交えながら、革に対する想いから、皮を革に変えていくなめしの製造過程まで、5章に分けてたっぷりとお話ししたいと思います。

目次

第1章 「お肉の話」

第2章 「タンニンなめしの話」

第3章 「Sベンズレザーができるまで part1」

第4章 「Sベンズレザーができるまで part2」

最終章 「Sベンズレザーができるまで part3」