SWL〜AOW、同じ建物に流れるタイのいい空気

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

急に寒くなりましたが、いかがお過ごしですか。

びっくりしている体をいたわりながら、冬物や毛布を引っ張り出して、、、慌ただしい今日この頃です。

さて、寒い中でも私たちが自宅から自転車で行き来するSWLのアトリエ併設店舗は、

京都一乗寺という街にある小さなビルの2階にあります。

SWLへは螺旋階段を上がってもらうのですが、階段のお隣には1階のお店の入り口があります。

1階にお店を構えるのは、タイ料理店 AOW(アオ)さん。

私たちも、ランチや夜呑みでよく利用させてもらいますが、

週替わりのカレーやヌードル、ご飯ものから副菜まで、どれもとても美味しいです!

料理の写真はAOWさんのInstagram(@aow_kyoto)からお借りました。

本格的で、体に優しい、色々なタイ料理が食べれます。

AOWさんの厨房からは、調理中のいい香りが工房まで上がってくることがあって、

しばしば食欲が刺激されすぎて困っています。^^;

でも、美味しい料理屋さんが同じ建物にあるのは、ほんと幸せなことです。

そんなAOWの店主K氏からご依頼を受けて、ブラックのハーフウォレットをつくらせてもらいました。

ハーフウォレットは、私も長年愛用している、SWLロングセラーの二つ折り財布です。

使い始めて一週間くらい、

「小銭入れと札入れが広く開いて、使いやすい!」と言ってくださっています。

ちなみにこの日は夕食として、カレーとトムヤムヌードルと大好物のタイサラダ・ラープをいただきました。

どの料理もお酒に合うのですが、、

タイではお馴染みの驚愕スタイル!ハイボールはバケツに入って出てきます!

(普通のグラスもあります ^^)

同じ建物に店を構える店主同士、クリエイティブに独自の事業に取り組む者同士、

色々と刺激ある話もできて、嬉しいお付き合いをさせてもらっています。

ご覧の通り、AOWさんの店内は可愛らしく温かい雰囲気で、ほっこりと過ごすことができます。(漫画もあるよ)

同じ建物でも、2階のSWLとは違う雰囲気が楽しめて面白いです。

SWLに来たなら、ぜひAOWさんでもゆっくりしていってもらいたい!

AOWでランチからのSWL、SWLからのAOWで夕食、おすすめです♪

お互い不定休がありますが、定休日は同じ木曜日です。

AOWとSWLがある建物へは、叡山電鉄一乗寺駅から徒歩3分です。

見頃が近づいてきている紅葉の名所、圓光寺・詩仙堂・曼殊院へも、一乗寺駅からアクセスできますよ。

ぜひ一度、一乗寺へお越しください。

お待ちしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログの更新や、アイテムの写真など、以下のSNSで発信しています。

フォローよろしくお願いいたします。

☛  Instagram

☛  Facebook

☛  Twitter

店長インスタも更新中 ☛  IZUMIInstagram


about SWL’s CRAFTSMANSHIP

「まだ誰もつくったことのない、いつまでも色褪せない魅力を持つものをつくりたい」 29才で脱サラし、30代、40代、そんな想いを胸に、ものづくりに心血を注ぎ続けてきたクラフトマン田島隆治が生み出す、SWL leather worksについて

こちらもお読みいただけたら嬉しいです。写真をクリック▼

http://swl-web.com/gallery