男前であり女性らしくもあるオーダーウォレット

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

厚手のアウターを着るくらいに、冷え込んできた京都。

SWLから見える山も、少しずつ色づいてきました。

今年も紅葉のシーズンがやってきますね。

SWL周辺にも紅葉の名所がたくさんあります。

この機会に合わせてお出かけいただけたら嬉しいです。

さて、本日はオーダー品のご紹介。

プライベートでも仲良くさせてもらっている、女性建築士 I氏からオーダーいただいた、

コンパクトウォレットです。

唐草カービングを片側にほどこし、余白とのコントラストが美しい

ブラック染めのコンパクトウォレット。

男前さと、女性らしさをあわせもった

彼女らしい、凛とした雰囲気に仕上がりました。

デザインや色やコンチョの有無、彼女自身で選びぬいてオーダーしてくれた一品。

彼女の手におさまった瞬間に、雰囲気がすっと馴染んで、、、

さっそく相棒の顔をしているように見えました。

店頭で受け渡しさせてもらった次の日、

彼女自身が撮ってくれた写真と一緒に、

ご報告のメッセージをいただきました。

「使い始めて1日目ですが、手に馴染んで使いやすさも抜群です。

これからもっと馴染んでいくことを思うと、とっても楽しみです!!!

りゅうさんといづさんの一生懸命作ってくださった、大切な『相棒』、

大事に育ててまいります。」

嬉しいご感想と写真。

同じアイテムでも、撮り方で印象が違うのも面白いです。

でもここでもやっぱり、凛とした顔をしてますね。

I氏は建築の仕事だけでなく、「食卓と建築を考える設計事務所」ということで、

フードコーディネートのお仕事や、お菓子の販売もされています。

===
Kiiriの “osusowake”.
食卓と建築を考える設計事務所
“K i i r i” (キリ)のお届けするケーキです。
食べること、飲むことが大好きな主宰から
気まぐれに、少しずつお裾分け。

どうぞご笑味くださいませ。

Qui rit guérit. 
キ リ ゲ リ
(笑って心も身体も元気に)
=== 

どれも美味しくて、チャーミングなお菓子たち。

彼女がデザインしたショーケースに入って、SWLからもほど近い、

cafebar・インキョカフェ さんで週末を中心に販売されています。

お写真はインスタグラムからお借りしました(@k.iiri

インキョカフェ さんは、一乗寺駅から東へすぐのところにあります。

美味しいランチやいい音楽に浸れるバータイム、

SWLへお越しの際はぜひ一緒に立ち寄ってもらいたいお店です。

Kiiriのお菓子があれば、珈琲やお酒と合わせて、楽しんでみてくださいね。

ちなみに、インキョカフェ さんでは、SWLでつくらせてもらったキャッシュトレイも活躍しています。

見ていってくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログの更新や、アイテムの写真など、以下のSNSで発信しています。

フォローよろしくお願いいたします。

☛  Instagram

☛  Facebook

☛  Twitter

店長インスタも更新中 ☛  IZUMIInstagram


about SWL’s CRAFTSMANSHIP

「まだ誰もつくったことのない、いつまでも色褪せない魅力を持つものをつくりたい」 29才で脱サラし、30代、40代、そんな想いを胸に、ものづくりに心血を注ぎ続けてきたクラフトマン田島隆治が生み出す、SWL leather worksについて

こちらもお読みいただけたら嬉しいです。写真をクリック▼