2つのブラック・スリムウォレット

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

今週のお休みには、少し久しぶりに[東寺]に足を運びました。

東寺といえば、五重の塔が京都を象徴する風景の一つにあげられますが、私的には、何といっても仏像とその空間がすごい!とお伝えしたい。

中国の風格とスケール感を感じさせる超かっこいい建物の中に広がる、仏像が織りなす異世界空間がまぁスゴイ!

何度体験してもスゴイなぁ〜と圧倒されます。昔の人ならなおさらですね。

講堂には、菩薩、明王、そして天部の国宝・二十一尊の仏がずらりと並ぶ立体曼荼羅が広がり、なんぼでも居てられるようなスゴイ空間です。

金堂には、薬師如来、日光菩薩、月光菩薩が並びます。

瞳をウルっとさせていて、まぁ美しい仏像です。

私的には、京都で体験してほしい仏像空間としてこの東寺と三十三間堂を挙げたいです。

お越しの際はぜひお運びください!

少々熱くなってしまいましたが、今日は2つのスリムウォレットを紹介したいと思います。

まずはご近所の素敵紳士N様からオーダーいただいた、こちらのスリムウォレットです。

手染めブラックで装飾のないシンプルなもので、N様の渋く落ち着いた雰囲気によくお似合いになるのではと思います。

スリムウォレットとは、その名の通り厚みを抑えたコンパクトなお財布です。

このように上から、札(二つ折りで収納)・小銭・カードを収納する3室のつくりです。

N様は、スリムウォレットと一緒に、こちらの手染めブラックのベルトもオーダーくださいました。

N様のオーダーベルトは、「幅30mm」、バックルは「ピューター(錫合金)製」、色はスリムウォレットと同じ「手染めブラック」です。

クラフトマンが惚れ込み十年以上使い続けてきた「Sベンズレザー」、厚み4.5mmを一枚革で巻くつくりで、身も心も引き締まる巻き心地と、経年変化が素晴らしいベルトです。

もう一つのスリムウォレットはE様にオーダーいただいたこちら。

N様と同じ手染めブラックに、装飾としてシルバーコンチョをセット。

E様がセレクトされたコンチョは、SWLオリジナルのフェザーをデザインした、シルバー925製のコンチョです。

デザインや色が同じでも、こうしてシルバーコンチョの有無を選ぶだけでも、異なる印象になりますね。

こちらも内部仕様は、使い勝手の良さに定評のあるこの3ポケットの形です。

実は、N様もE様もこのスリムウォレットよりも前に、KUDUキーケースをご愛用くださっています。

E様が使ってくださっているKUDUキーケースは、経年変化の様子を撮影させていただきましたので、次回のブログでご紹介したいと思っています。

お楽しみに。

手染めブラックのスリムウォレットについて、詳細・ご注文はこちらからどうぞ ▼▼▼

☛  スリムウォレットBL

最後までお読みいただき、ありがとうございました。