バッグも手縫いで

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

今日の京都は、一日冷たい雨でした。

ポカポカとヒヤヒヤを繰り返しながら、春になっていくんでしょうね。

今日も工房では、外の雨音を聞きながら、縫い・染め・磨きなど二人で手を動かしていました。

リリースしたばかりのKUDUショルダーバッグも、クラフトマンと私の二人の手でつくり上げたものです。

このバッグは、KUDUの野性味溢れる雰囲気を活かすために、かなりプリミティブなつくりになっています。

「KUDU革を縫い合わせただけ」

一言で言うならそんなつくりです。

KUDUショルダーバッグは、金具や布地など革以外の材料は一切使わず、KUDU革だけを【手縫い】で仕立てたバッグなんです。

KUDU革のバッグは市販されていますが、手縫いで仕立てているレザーブランドは少ないのではないかと思います。

SWLで使っているKUDU革は、イギリスの老舗タンナー[チャールズ・F・ステッド社]が手がけた上質で丈夫な革なので、こうして一枚革のつくりでもタフに使っていただけます。

厚みが約2mmあり、頼り甲斐のある使い心地です。

こんな上質な革だからこそ「長く使ってほしい」、それを実現するのが【手縫い】での仕立てです。

【手縫い】は、ミシン縫いと比べて大変な時間を要する縫合手法ですが、手縫いで仕立てたバッグは、とにかく丈夫です。

長く愛用していただきたいという一心で、SWLはずっと手縫いにこだわり続けています。

また何か修理が必要な箇所が出てきた時も、縫い直しをすることができます。

小さなアイテムから、こんなヴォリュームのあるバッグまで、全て手縫いで仕立てています。

なぜ手縫いをはじめとした手仕事でのレザーアイテム製作にこだわるのか知りたい方は、こちらをご覧いただけたらと思います。

ご紹介したKUDUショルダーバッグについて、各色の詳細はこちらからご覧ください▼▼▼

☛  KUDU shoulder bag [CABIN]

☛  KUDU shoulder bag [AUTUMN]

☛  KUDU shoulder bag [GAUCHO]

SWLのレザーアイテムを手にした人に、レザーを相棒にする醍醐味を味わっていただけるよう、 そしてその人の人生がより豊かになるよう想いを込めて、夫婦二人で手仕事にこだわり、日々製作に取り組んでいます。

こちらも読んでいただけたら嬉しいです。

☛  SWLの想い

☛  SWLの二人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。