SWL exhibition – RAY –

If you give people light, they will find their own way.
光を与えれば、彼らは自らの道を見出すだろう
  - Dante Alighieri

私は29歳の時、一級建築士の職を脱サラした。本当にやるべきことが他にあるのではないかという想いと、何を成すためのこの命なのか探求したいという想いが年々強くなり、それを無視できなくなってしまったのが20代最後の年だった。そこから、自分が無条件に情熱を注げそうなことを片っ端からやってみる日々を過ごした。そして31歳の時、ある出会いをきっかけにレザークラフトの世界に足を踏み入れた。

レザークラフトのみならず陶芸・木工・彫金など手工芸の世界には、素材と向き合い技を磨くことに人生を捧げた“人の手”でしか生み出せないものがあり、私はそれらが持つ力強さや美しさに惹かれてきた。そして自分もそういった作品を生み出したいという想いで、革と向き合い研鑽を重ねた。

同時に、私を未知の世界へと導き、感性を刺激してくれるアートにも心惹かれ、自らの作品でもそういった表現に挑みたいと思い、長年独自の表現手法を模索してきた。しかしある時行き詰まってしまい、これまで蓄積してきた知識と経験では表現の限界を感じた。その時、もっと自由な表現のためにアートをより深く学ばなければと思った。そこから、今まで以上に美術館に足を運んだり、様々な芸術家の生涯や思想にまつわる書籍を読みあさる日々を過ごした。

また私は20代の頃、バックパックを背負って世界を歩き周る旅好きな青年だったが、革と本気で向き合う決意をした際、旅を封印した。しかし50歳を機にそれを解くことにした。学生時代のような長旅とはいかないが、20代の頃にはできなかった経験をするための旅を始めた。

そうした時を過ごすうちに、アートや旅の経験による学びから築き上げてきた自分の精神世界が、純粋に作品に現れ始めた。革を使ったより自由な表現の可能性を感じ、創作意欲がモリモリと湧いてきている。

自由で純粋な表現の道を見出すことができたのは、学びという光があったからだ。

自分がつくる作品も誰かにとっての光になればという想いが、私の中に芽生え始めている。

光は線となり繋がっていく。

SWL leather works
田島隆治

SWL exhibition – RAY –

2023.12.16-17

river side gallery
東京都目黒区上目黒1-5-10(中目黒駅 徒歩2分)
12.16 Sat 10:00-19:00
12.17 Sun 10:00-17:00

▪︎ 入場無料、どなた様でもお入りいただけます。
▪︎ 会期中は、SWL leather works 田島隆治・田島いづみが在廊いたします。
▪︎ 初公開となるレザーアートをはじめ、バッグやウォレットなどの定番アイテムも展示いたします。展示品は全て販売し、売約となったものは受注生産を承ります。(お支払方法:現金・クレジットカード・PayPay)

TOP
ONLINE ORDER CONTACT MAIL LETTER