今月末はSWLが初めてライブ会場となる2日間!

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

11月になりましたね。

今年も残すところあと2ヶ月。早いものです。

今月末には、SWLがライブ会場となるビッグイベントがあります!

11月30日(土) と12月1日(日) に渡って開催される

2 Days of Pleasure

SWLが店舗を構える京都・一乗寺という街で年に一度、飲食店などをライブ会場として開催される音楽フェス[一乗寺 the Day of Pleasure、通称DOP]。

5回目となる今回は2日間の開催となりました。

出演者のライブを、様々なお店で体感できるこのフェスを、私も毎年楽しみにしているのですが、今回は初めてSWLの店舗もライブ会場として参加させていただくことになりました。

出演者も2日に渡ってこんなに盛りだくさんです▼

実力派の素晴らしい個性豊かなアーティストが揃い踏み。

この出演者の中に、クラフトマン田島隆治の高校の同級生でシンガーソングライターとして活躍している方がいらっしゃいます。

SWLは初めてライブ会場となるので、柿落としをお願いできないかと声をかけさせてもらったところ快く引き受けてくださったのが、

熊本を拠点に活動している東田トモヒロさん。

旅とサーフィンとをこよなく愛し、音楽を通して「LOVE &FREEDOM 」をメッセージし続ける東田トモヒロさんが、自由を追い求めて作り上げてきたSWLの空間で行うライブ。

どんなケミストリーが生まれるのか、今から楽しみで仕方ありません。

東田トモヒロ

1972年生まれ熊本市在住。ニューヨークでのレコーディングを経て2003年にメジャーデビュー。

その持ち味でもあるエネルギーに満ちたステージパフォーマンスで、ソロライブだけでなく、フジロックフェスティバル、ap bank festival、greenroom festival、sunset live、New Acoustic Camp、Fat Festival(タイ)など大小問わず数多くのフェスに出演し、ピースフルな空間を作り出して来た。

自然に寄り添った暮らしや旅の中から紡ぎ出される飾り気の無い等身大の楽曲は、全国各地においてたくさんのファンを魅了し、長く愛され続けている。

2018年には通算14作目となるアルバム「Wonderful Road」をリリース。
同年、ジャズギタリストの小沼ようすけと「GLIDERS(グライダース)」を結成し、1stアルバム「BE-IN」をリリース。

自然環境の保護に取り組むアウトドアアパレルブランド、patagonia とのライブコラボレーションや、福島県南相馬よつば保育園の子どもたちに九州から、季節の野菜や果物・穀物などを届けるプロジェクト「change the world」の代表を務めるなど、社会貢献活動にも精力に取り組んでいる。

ライブの他にも、今回は、体験型のワークショップ[イチジョウジ大学]や屋台など、お祭り要素がますます拡大して、街ごと楽しめる内容になっています。

通り沿いにはストリートピアノも設置され、音楽と街がまさに一体化♪

一乗寺でしか味わうことのできない体験で、お腹いっぱいになってもらえる2日間です。

チケット料金は、以下の通りです。

■一般
1日券: ¥ 3,500
2日通し券: ¥ 5,000

SWL店頭でも前売りチケットを販売しています。

前売りチケットには、一乗寺の11のお店で使えるクーポンが付いているので、ご来場が決まっている方は前売りチケットがお得です!

クーポンは、各店舗一回限り、当日の飲食などにも使えて3月末まで有効です。

フェスの当日、SWLでクーポンを使う場合は、SWLのレザーアイテムをお買上げで5%OFF(¥1,000上限)、ドリンクやイベントグッズお買い上げで50円引きとなります!

チケットは参加店舗の他、プレイガイド イープラスでご購入可能です。

イープラス購入サイト:https://eplus.jp/sf/detail/3115810001-P0030001?fbclid=IwAR0I1kAQkczDhfXkKcMpxrwL3GITAko2mwBUZacV9smohhkb4b7AHPAnpt4(プレイガイドご利用で各種割引をご希望の場合は、運営本部にてキャッシュバック対応をさせていただきます。年齢がわかる身分証明書を必ずご持参ください)

ライブ会場となるDOP当日も、レザーアイテムは手にとっていただけますので、音楽も革も一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。

お待ちしております!

2 Days of Pleasure について、詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

☛ 京都一乗寺フェス 2 Days of Pleasure

最後までお読みいただき、ありがとうございました。