経年変化が楽しみなM様ロングウォレット

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

今日はオーダー品のご紹介です。

「いつかはSWLのロングウォレットを持ちたい!」と言ってもらえることも多い、SWLの代表選手

ロングウォレット(長財布)です。

昨年9月に熊本のジーンズショップ・チャーリーで開催した展示販売会で、M様にオーダーいただいたものです。

手染めブラウン、内部仕様は【スリムタイプ】です。

すっかり人気となった片面のみにカード収納をも受けたスリムタイプ、両面にカード収納があるスタンダードタイプよりも、今はこちらの方がオーダーが多いですね。

財布はすっきりと持ちたい、そんな方が増えているように思います。

それでもSWLの財布は、革の質とタフで頼もしいつくりにこだわっていますから、見た目・使い心地には、革の重厚感がしっかりと感じられるものになっています。

スリムタイプは、小銭入れ側面の何もない広い面が見た目に印象的です。

特にブラウンは染色の表情、革の表情がたっぷりと楽しめる、そんな面になっています。

今回はそこに、ネームを彫らせていただきました。

受け取ってくださったM様からのご感想です。

やっぱカッコ良いですねー。

とってもいい感じに仕上がってました。

色めっちゃ良いし、サイズ感もバッチリ!

ベルトと共に大切に使います。

ありがとうございました。

今回M様には、ベルトも一緒にオーダーいただきました。

こちらはスーツでも使えるように、幅35mmの手染めブラック、ピューター(錫合金)バックルです。

これまでも様々なアイテムをつかってくださっているM様。

それがどれも、とても魅力的な経年変化をしているんです。

この名刺入れなんか、ツヤツヤで色も深みを増し、フォルムもいい感じに馴染んでいます。

そんなM様にロングウォレット・ベルトをお使いいただいたら、どんな変化をするだろうか、今からとても楽しみです!

また再会できる日を楽しみにしています。

M様、ありがとうございました。

今日ご紹介した、ロングウォレット・手染めブラウンの最新作を、店頭&オンラインストアで販売中です。

こちらの写真のものなんですが、今回も味わい深い雰囲気ある色味に染め上がっており、天然皮革ならではの革の表情も楽しめて、いつまでも眺めていられるようなウォレットです。

革の持つ表情を活かしながら染めるので、一つとして同じ仕上がりにはならないSWLの染色。

この雰囲気にビビッときた方は、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

☛ ロングウォレットBR

内部仕様は【スリムタイプ】となっています。

ご注文後3日以内に発送可能です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。