クラフトマンを魅力的に見せてくれる色

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

お気付きでしたか?こちらの画像の出現に ▼▼▼

数日前から、ホームページやオンラインストア、各種SNSに掲載しているもので、

クラフトマンと二人で考えて描いた、SWLの新しいアイコン画像です。

「SWLって何をつくってる工房なの?何を売っている店なの?」

と気になってくださった方に、その答えを一目で伝えたくてつくりました。

SWL leather worksは、

HAND-DYED WALLET[手染めの財布]

HAND-SEWN BAG[手縫いの鞄]

の店です。

それ以外はつくりません、という事ではないのですが、SWLを代表するアイテムであり、今後もそこを尖らせていきたいなと思っていて、、

決意表明みたいなものでもあります。

これからも色々なところで見かけるかもしれません、新しいアイコンをよろしくお願いします。

こちらは新しいアイコンにも掲げた、HAND-SEWN BAG[手縫いの鞄]。

店頭とオンラインストアで販売中の、KUDUショルダーバッグです。

3色あるKUDUショルダーバッグの中の、この色は

CABINキャビン[チャコールグレー]。

私がクラフトマンに一番似合う色だなと感じているのが、このCABINなんです。

なんか落ち着いた上品な色合いで、クラフトマンが大人っぽく見えるんですよね。

CABINは、真っ黒ではなく、少し茶色がかった濃いグレー。

チャコールグレーとは上手く言ったもので、ほんと炭のような暖色系のグレーで、優しくてすごく味わい深い、いい色なんですよね。

SWLで使っているKUDUの革は、イギリスの老舗タンナー[チャールズ・F・ステッド社]がつくっているもの。

品質の良さはさることながら、さすが英国!染色のセンスがいいですよねー。

ちなみにウェブサイトも洒落てますっ ▼

このCABINは、大人っぽい上品な色なんですが、

この革の切れ端をそのまま活かしたデザインや、KUDUならではのワイルドな表情と相まって、

決して大人しくはならない。

そこがこのバッグの魅力です。

「大人しく落ちついているだけではつまらない!」

そんな遊びゴコロというか、やんちゃゴコロを持っている、大人の男性に持っていただきたいバッグです。

現在販売中の一点は、フタを開いたところに、KUDU一頭に一筋だけ走る背筋模様がドーンと一本走っています。

これがまた、男心を刺激するポイントではないでしょうか。

フタを開ける度に、テンション上がっちゃいますよね。

ここでもう一つ注目いただきたいのが、KUDUの裏面。

とても手触りのいいスエードになっていて、CABINの裏の色は、美しいダークブラウンになっています。

フタ裏だけなく、写真の白い矢印で示したとこに出てきている[革の断面]もダークブラウンで、バッグ全体にいい抜け感を出してくれていて、私は密かに大きいポイントだなと思っている部分です。

ちょっとマニアックですが、ぜひ手にとって確かめていただきたいところです。

以上、私がクラフトマンを最も魅力的に見せてくれる色だと思っている、CABINについて語らせていただきました。

このバッグの詳細についてもっと知りたい方、他の色も見てみたい方は、こちらから商品ページをご覧ください。

☛  KUDU shoulder bag

SWLのレザーアイテムを手にした人に、レザーを相棒にする醍醐味を味わっていただけるよう、 そしてその人の人生がより豊かになるよう想いを込めて、夫婦二人で手仕事にこだわり、日々製作に取り組んでいます。

こちらも読んでいただけたら嬉しいです。

☛  SWLの想い

☛  SWLの二人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。