【ご質問】「コンチョを付けた場合の厚みはどうなる?」

こんばんは。

SWL leather works(エスダブルエル レザーワークス)店長の田島いづみです。

出かけるのに気持ちのよい季節になり、ドライブやツーリングをしながらご来店くださる方が増えてきました。

ラーメンで有名な一乗寺は、それを目指して来られる方も多いです。

ラーメン食べた後に、散策するには楽しいお店がいっぱい。

SWLもその中でふらっと立ち寄ってもらえる店であれば嬉しいですね。

さて、今日はお客様からいただいた【ご質問】をシェアしたいと思います。

スリムウォレットをご検討中のお客様からいただいたご質問は、

コンチョを付けた場合の厚みについて

スリムウォレットにシルバーコンチョを付ける場合、以下の2種類から選べるようになっています。

写真左[φ15 shot concha]
写真右[φ16 stampwork concha]

「これらのコンチョを付けた場合、財布の厚みはどうなりますか?」

というご質問です。

さっそく、コンチョ自体の高さを比べてみました。

(思いの外、キラッと光るコンチョの美しい姿が撮れてご満悦。

それは置いておいて、、左右が入れ替わってしまいましたが、)

[φ16 stampwork concha]の高さが約6mm

[φ15 shot concha]の高さが約3.5mm

厚みの出が少ない[φ15 shot concha]に比べて、[φ16 stampwork concha]の方が膨らみがあり、出っ張っているのが分かるかと思います。

コンチョをセットしたスリムウォレットも、同じ角度で撮影して並べてみました。

財布の薄さを重視するのであれば、[φ15 shot concha]がお勧めですが、

存在感と刻まれた模様は[φ16 stampwork concha]ならではの魅力があります。

悩ましい!

ハーフウォレットを愛用している私も、今はほとんどカード決済だし、もう少しコンパクトなスリムウォレットに乗り換えようかしら、

などと思っているのですが、シルバーコンチョはどちらか迷うところです。

それぞれに魅力がありますからね。

私はサコッシュなどもバッグに入れて持ち歩くことになるので、厚みはあまり気にしません。

それもあり、模様や立体感もすごく好きなので、[φ16 stampwork concha]を選びそうです。

ポケットに入れる、という方で、より厚みや引っかかりを抑えたい方は、[φ15 shot concha]をお選びになる場合が多いですね。

見た目の好みや、使い方や、アイテムごとのバリエーションなど、、お好みでお選びいただけたらと思います。

ご紹介したスリムウォレットは、こちらから詳細がご覧いただけて、ネットでのご注文も可能です。

☛ スリムウォレットbrown

☛ スリムウォレットblack

こちらの定番キーケースも、同じようにシルバーコンチョが2種類から選べるようになっています。

☛ キーケースbrown

☛ キーケースblack

どちらも、鍛造法で地金から手仕事で生み出される、美しい造形と繊細な模様が魅力のシルバーコンチョです。

LENNY S&Lさんに製作していただいています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回のブログは、来週の水曜日にお届け予定です。

SWLのレザーアイテムを手にした人に、レザーを相棒にする醍醐味を味わっていただけるよう、 そしてその人の人生がより豊かになるよう想いを込めて、夫婦二人で手仕事にこだわり、日々製作に取り組んでいます。

こちらも読んでいただけたら嬉しいです。

☛  SWLの想い

☛  SWLの二人